医師求人に応募する際のポイント

待遇面についても十分に確認を

待遇面についても十分に確認を : 医師求人は地方に多く都心は少ない傾向 : エージェントを利用して労働条件を良くする

医師求人に応募する際には、その条件を十分に確認した上で自分の適正に合ったものであるかどうかを注意することはもちろんですが、待遇面についても十分に確認する必要があります。
一般的に求人を行う場合には良い条件のみを提示する場合が多く、実際の職場の環境やその他の就職をする際にマイナスのイメージをもたれるような面については極力提示しないことも多いので注意が必要です。
特に待遇の面については、年収が提示された場合にその年収の前提をよく確認しておくことが重要です。
一般的に年収を提示する場合には同年代の最高年収を提示するケースも多く、また一定の夜勤や宿直等の手当てを含んでいる場合もあるため、必ずしもその金額が収入としてもらえるとは限らないことに注意をすることが重要です。
統計的には日本において医師の数が枯渇しており、応募すればすぐに採用されると言うイメージがありますが実際には多くの医師が比較的それほど良くない条件の中で勤務していることも少なくありません。
大学の医学部を卒業後自分の意思で進路を決めることができるようになってから、特定の医療科に殺到する傾向が非常に強くなり、例えば小児科や外科などといった労働時間が長い傾向にある医療科には希望者が少なく、内科等のような比較的業務が単純な医療科には希望者が殺到する傾向が生まれています。
そのため全体的には医師の数が枯渇していると言われていても、その医療科によって状況は大きく異なります。

すごくいい医師求人を見つけました

医師として働いていたのですが、とても条件のいい医師求人を見つけてそちらで働くことに決めたのです。最初はその職場ですんなりと採用をしてもらえるのか不安でしたが面接と筆記試験だけですぐに採用してもらうことが出来ました。その職場は、今までの職場と違い残業もありませんし土日出勤もなかったです。さらに夜勤もないので、生活リズムが無茶苦茶になってしまうことはありませんでした。以前の職場はそれなりに楽しかったですしやりがいもあったのですが、いきなり休みの日に呼び出されることが多かったですし夜勤もあったので体がぼろぼろになっていたのです。疲れても自分の代わりに働いてくれるような人はいなかったのでいつも必死で頑張っていました。でもやっぱりこんな職場は嫌だと思うようになり、代わりに働ける場所を探していたのです。そんな時に見つけたのが今の職場で、とても満足して働くことができています。人間関係ももちろんいいですし給料も悪くありません。すごく自分らしさを出しながら働けているのでストレスも以前の職場ほどたまらないのが嬉しいです。仕事なので疲れることももちろんありますが、やりがいのある職場で働くことができているので幸せです。